乳首を搔きすぎると刺激で乳首がどんどん黒くなる?保湿が重要!

乳首の色が濃いことで悩んでいるのであれば、乳首は?き過ぎは控えた方が良いということご存知でしょうか。実は、乳首がかゆいからと言って掻き過ぎてしまうことでどんどん乳首の色が濃くなってしまうとされているのです。

なぜ?き過ぎによって乳首が黒くなってしまうのかというと、メラニン色素の働きによることが考えられます。肌は紫外線や外部からの圧迫などによって様々なことで刺激を受けると、その刺激から肌を守ろうとしてメラニン色素を生成します。

刺激によって過剰に生成されたメラニン色素は体外に排出されることなくその場にとどまってしまうことでその部分が非常に黒くなってしまうとされているのです。

一昔前までは遊びすぎていると黒くなると言われましたが、実は外部からの刺激によってメラニンを過剰生成してしまうことがその大きな原因となっているのです。

そのため、乳首があまり黒くなってほしくない場合にはなるべく乳首を?き過ぎないように気を付けるのが良いと言えるでしょう。

乾燥してしまうことでかゆくなってしまうことありますので、入浴後にはボディクリームなどをしっかり塗ると保湿にもなり痒みも少なくなると言えますので、今日からでも早速試してみてはいかがでしょうか。

乳首が黒い女は遊んでいる

遊んでいる女性は乳首が黒い、といった迷信がありますが、実際には遊んでいるからではなく、衣服の繊維との摩擦や紫外線、妊娠・出産により乳首にメラニン色素が集まり黒ずみを起こしています。

黒ずみというと肘や膝にも起きやすいものですが、それらも衣服や外部との接触により摩擦が起きやすい部位であることから黒ずみができやすいということで原因は共通しています。

では、実際に乳首の黒ずみを改善にはどのようなケア商品を使うと有効なのでしょうか。まず思い浮かぶのは黒ずみの原因であるメラニン色素を除去する美白成分が配合されている物だと思います。確かにメラニンに作用する美白成分は有効です。

しかし、それだけではなく、さらに効果を出すには肌のターンオーバー機能を正常化することが不可欠です。私たちの体には古い角質を除去して新たな肌細胞が生まれるターンオーバー機能が備わっています。

それにより黒ずんだ細胞が除去され、綺麗な肌細胞の乳首に生まれ変わることができるのですが、皮膚の水分量が足りないとターンオーバーが正常に行われません。肘や膝が黒ずみやすいのも乾燥している部位だからです。

 

乳首の乾燥が痒みや皮が剥ける原因に!

乳首に痒みを感じたり皮が剥けてしまったりする悩みを持つ女性は意外と多いようです。
痒いからとつい掻きむしってしまうと、乳首が傷付いたり余計に皮が剥けるといった悪循環に陥ってしまいます。

乳首の痒みは季節の変わり目や妊娠出産による体質の変化などが原因であることもありますが、ほとんどの場合考えられるのは乾燥です。

顔や手足などの部位は普段欠かさずにスキンケアをしていても乳首までしっかりケアしている人は少ないかもしれません。

しかし実は乳首もケアが必要なデリケートな部位なのです。体を洗う際に無意識にゴシゴシと擦っていたり、ブラジャーによる摩擦、授乳中であれば赤ちゃんが飲んでいる時の摩擦など乾燥を引き起こす要因は色々とあります。

乾燥しないためには保湿することが大切です。妊娠中や授乳中であれば知っている人も多いはずですが、乳首ケア用の専用クリームなどがあるためそれを塗って乾燥を防ぐのも効果的です。

またわざわざ専用品ではなくても乳首に塗って問題ない保湿製品でもいいでしょう。赤ちゃんでも全身に使えるワセリンはとてもお勧めです。

また市販の乳首にも使える痒み止めの薬を使って様子を見るのもいいかもしれません。
ただし乳首の痒みや皮が剥ける現象は乾燥によるものだけでなく皮膚炎や乳がんといった病気が
隠れている場合もあります。

保湿をしたり薬を塗っても良くならない場合は、皮膚科などの病院で診察を受け適切な治療をして下さい。

乳首が茶色ならまだ間に合う

ここまで乳首が黒いと戻すのがとても大変という事でしあが、乳首がまだ茶色であれば全然元のピンク色の乳首に戻す事は可能です。そのためには、美白クリームを利用する必要があります。保湿だけでは不十分なんですよね。

美白成分であるアルブチンやビタミンC誘導体などを利用するのが大切です。湘南病外科から?監修している美白クリームホスピピュアというのがあります。

一度使ってみてください。もっと、美白クリームをみたい方は以下のサイトを参考にしてください。特に乳首が茶色の方にはお勧めのサイトです。

参考サイト⇒乳首が茶色でピンク色に戻したい

商品説明がしているので購入のときに参考になるのではないかと思います。